top of page
default_keyvisual-2.jpg

西向建設工業は、SW(スーパーウォール)工法を採用しています。

スーパーウォール工法(SW工法)とは・・・

SW工法とは、木造軸組工法をベースに、「スーパーウォールパネル」と呼ばれる高性能な壁材で家全体を包み込み、高断熱サッシ、計画換気システムとの相互作用によって実現する、高気密・高断熱・高耐震構造です。

暮らしの"質"を進化させる、スーパーウォールの家

スーパーウォールの家は、住まいの本質を極め

「快適・健康・安心・省エネ」を最高水準にまで高めるために「暮らし性能」を追求

高性能住宅のトップランナーを目指す、確かな技術と品質

暮らしの質を進化させる住まいを実現します

・夏涼しく、冬暖かい

・温度差が少ない

・すぐれた遮音性能

・空気がきれい

・空気のよどみを少なくし、

 カビ・ダニの発生を抑える

・地震に強い

​・建物が長持ち

・充実の保証体制

・冷暖房費がお得

・地球環境にやさしい

・ZEHへの適応力

Comfortable

​快適

家の中の温熱環境を整え、
温度差が少ない快適な暮らしを

冬のリビングなどはエアコンで快適でも、廊下やトイレは寒く感じるのではないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。
そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

ヒートショック防止にも!

「ヒートショック」は温度の急な変化が体に与えるショックのことです。寒い時期の入浴時に急激な温度変化によって血圧や脈拍が変動し、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを引き起こす可能性があります。
スーパーウォールの家は、冬でも脱衣室やトイレでも居室との温度差が少ないため、突然死のリスクと言えるヒートショックにも安心。家中暖かな住まいが、ご家族の健康をしっかりと守ります。

部屋間の温度差だけでなく上下の温度差も3℃という快適性

気密・断熱性にすぐれたスーパーウォールの家は、部屋間の温度差だけでなく、部屋の上下の温度差も少ないことも実証されています。

エアコンが効いている暖かいリビングなのに、
なぜか足元が寒いといったことがなく、床に
座って遊ぶ小さなお子様に寒い思いをさせる
こともありません。

また、吹き抜けや高天井の空間においても、
上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配
する必要がありません。
もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適
な室温を保ち続けます。

キャプチャ3_compressed.jpg

​Healthy

健康

計画換気システムで
24時間、健やかな空気を保つ

近年は、PM2.5(微小粒子状物質) などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることも必要です。

室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。

カビ・ダニの繁殖を抑えるためには、空気のよどみを少なくすることが重要

家族や住まいの健康を害するカビ・ダニの発生は、空気のよどみが原因のひとつと言われています。

この問題を解決するため、計画換気システムを採用し住まいの隅々にゆるやかな空気の流れをつくることで、空気のよどみを少なくすることができ、カビ・ダニの繁殖を抑えることできます。

また、気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカットすることが可能です。

気密性が低い住宅

気密性が低い住宅では、窓や壁の隙間から外気が侵入し、空気の流れにムラができ、住まい全体の空気を隅々まで入れ替えることは難しい。

SW工法の住宅

スーパーウォール住宅では、高い気密性によって住まい全体の計画的な換気が行え、空気のよどみを少なくすることが可能です。

室内の温度・湿度を保ちながら効率的に換気を行う

一般的に換気を行う場合、窓や給気口から取入れる外

気とともに、外の温度や湿気も一緒に取り込んでしま

います。

しかし、全熱交換型換気システムECOAIR85・ECOAIR90

を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換

で、室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能

になります。

 

省エネ住宅の課題でもあった、住宅の熱損失のうち換

気が占める約15%の熱ロスを抑えることができ、住宅

一棟の性能をさらに向上させることができます。

その効果は、ECOAIR90の場合、断熱材を4倍厚くするのと同じ効果が得られることになります。

Safety

安心

地震・台風・竜巻など自然災害から家族を守る

近年自然災害である地震や台風の被害が頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められているのです。

効率よく耐震性を高める、壁倍率5倍のパネルを実現

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。

高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。

壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。

また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

〔一般的な筋かい〕

〔SW壁パネル〕

〔一般的な筋かい(5倍相当仕様)〕

〔SW壁パネル(5倍)〕

SW壁パネルは、同じ力では壊れていません。

変形量も筋かいの半分です。

耐震等級3相当の設計で大規模な地震に備える

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級1としています。しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。

スーパーウォールの家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3相当を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

image.png

Saving Energy

​省エネ

省エネからゼロエネへ
暮らしのエネルギーを家でつくる

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEHを標準的な住宅にすることを目標として掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。
スーパーウォールの家もこのテーマに積極的に取り組んでいます。

省エネ×創エネによるゼロエネ住宅でかしこく暮らす

ゼロエネルギー住宅とは、建物の省エネ化+機器の高効率化に

より使用エネルギーを削減、さらに太陽光発電などの創エネル

ギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと

です。また、HEMSや蓄電池を用いることで、暮らしのエネル

ギーを最適に制御し、余った電気は売電することができるため、

プラス収支を実現することも可能になります。

自宅で電気をつくることができるため、万が一、停電が発生

ても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。

スーパーウォールの家なら年間16万円以上の

水道・光熱費を節約できる可能性が

スーパーウォールの家は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を43%削減することが可能です。さらに、水道費においても32%の削減が行え、全体で41%の水道・光熱費を削減。

年間で168,480円の節約を実現することができます。

これらのランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。

bottom of page